『商品紹介ページ』粉末茶のチカラ  「栄養機能食品」

青汁よりも粉末茶で健康生活

のむらの茶園の粉末茶なら、一包しっかり1グラム入って、ビタミンEが青汁の約10.5倍です。一日四包飲んで気軽に健康生活を手に入れましょう。

栄養機能食品とは?

保健機能食品の一種です。高齢化や食生活の乱れなどで不足しがちなビタミン・カルシウムなどの栄養成分の補給・補完のために利用する食品のことです。

△粉末茶のチカラはビタミンEで「栄養機能食品」表示を取得しています。

栄養成分の特徴

粉末茶のチカラに含まれる栄養成分としては、ビタミンEが突出して豊富です。

ビタミンEは抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。ビタミンEは同容量でなんと青汁の約10.5倍含まれています。

その他成分の特徴

食物繊維

  • :水溶性食物繊維と水不溶性食物繊維に分けられますが、どちらも健康のためには重要な役割を果たしており、第六の栄養素とも言われ注目されています。水溶性食物繊維は小腸での栄養素の吸収の速度を緩やかにし、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。また、コレステロールを吸着し対外に排出することで血中のコレステロール値も低下させます。水不溶性食物繊維は排便をスムーズにする効果が期待されており、腸をきれいにして大腸がんのリスクを減らす効果が期待されています。茶葉を粉末化することにより水溶性、水不溶性食物繊維両方効率よく摂取することが出来ます。
  • カテキン

  • :ポリフェノールの一種で主にお茶の苦渋味成分ですが、下記の通りその成分の様々な効能が研究されており、注目成分のひとつです。
    • 抗酸化作用・・・酸化酵素を除去する働きで老化や病気の予防に役立ちます。
    • 抗ウイルス作用・・・カテキンを取り入れるとウイルスが細胞につきにくくなり、結果細胞内で増殖できないため、風邪予防に役立ちます。
    • 血圧上昇を抑える作用・・・カテキンは食後腸からの糖の吸収を抑える働きがあり血圧上昇を抑えます。
    • 抗菌作用・・・カテキンには抗菌作用がありので食中毒予防が期待されています。
    • 肥満予防・・・一定量のカテキンを摂取し続けると、肝臓での脂質代謝が高まり、エネルギー消費が高まるため、体脂肪が減少します。

    終わりに

    バルクでのご注文など、様々なご要望にお応えさせていただきますので、遠方の方でも遠慮なくご相談くださいませ。


    Copyright(C) 2019 nihoncha.co.jp All Rights Reserved.